うさぎを台の上に乗せたり、床で保定して行う方法

抱っこしながら与えるのはちょっと怖い・・。 
台の上だと、うさぎが動いて落ちたら・・。

そんな時は台の上の方法が床の上でも応用できる保定の仕方です。

わかりやすくするために、なるべく多くの写真を掲載させていただきました。 
(各写真はクリックすると別窓で大きくなります。)

実際の愛うさで練習も良し・・、ぬいぐるみを使ってみても良し・・。
チカラ加減やチカラを入れるポイントを体で感じながら練習をしてみましょう。

気持ちを落ち着かせてからはじめましょう。

( 各写真をクリックすると別窓で大きな画像になります。)
■@体・頭部の保定

写真@ 写真A 写真B
@ うさぎの体の両側面を腕で挟み込みます。このときは脇を締め、 自分のお腹がうさぎの背中やお尻にペッタリくっついている方が望ましいです。(自分の体とうさぎの体の密着度があればあるほどGOOD!)


頭部保定パターン@
正面
頭部保定パターンA
上から見ると・・ 正面 頭部保定を外すと・・





■A 飲ませる
写真@ 写真A 写真B
A 頭部保定をしている手のひらを、そのままうさぎの口元へスライドさせながら降ろし、鼻と口を指で挟み込むように押さえます。挟んでいる指を広げうさぎの唇を開きます。

写真1・・・シリンジ・スポイトなどの先端を前歯(切歯)に当てて位置を確認してください。
写真2・・・確認後、先端を左右どちらかにスライドさせ、前歯と奥歯の間(隙間)を確認します。
写真3・・・そのまま少しずつゆっくり流し入れます。

ポイント
写真3の解説・・・1本分を数回に分けて飲ませましょう。
          慣れてくれば指のチカラ加減で1回の量がどれくらいかわかってきます
          ので、サッと流し込むことができるようになります。





■B 飲んだことを確認する

B 口の中へ流し入れた後、顔部分を保定している手だけを離します(腕部分はそのまま)
  すんなり飲む子と飲まない子がいます。必ず飲み込んだのか確認しましょう。
  うさぎの口が「ムニャムニャ〜ゴックン」となるまで 話しかけるなどをして待ちましょう。

飲んだことを確認したら、このA〜Bを繰り返して必要量を与えましょう。

    (クリックしてご覧ください)

台や床の上編

膝の上編

横向き編

社長編



注意 

★「強制給餌/強制補水/薬を飲ませる時」 などは「うさぎの保定」が必然的に必要になりますので、うさぎが暴れるなどでケガをしないように注意して与えてください。
★ また、日常的に「抱っこ」など習慣化しておくことをオススメいたします。